ad

2022年1月31日月曜日

鹿島・成田線 普通 成田行き E131系(2022.3廃止)

【ダイヤ改正で地味に廃止!】E131系の普通 成田行き
成田線佐原駅1番線で発車を待つE131系R09編成による普通成田行きです。

鹿島線では、鹿島神宮駅始発で毎日朝1本だけ成田線直通の成田行きが設定されており、2021年3月13日のダイヤ改正から、E131系が充当されています。

2021年3月のダイヤ改正時点では、ワンマン区間は佐原~鹿島神宮間だけであり、成田線内の成田~佐原間はツーマン運転であったため、E131系が導入されている他線では見られない普通成田行き表示が見られるのが特徴でした。

鹿島・成田線 普通 成田行き E131系(2022.3廃止)
E131系による普通成田行き表示です。
鹿島・成田線 ワンマン 成田行き E131系
E131系の緑色による普通成田は他地域では見られない表示です。

2021年3月12日のダイヤ改正以降、成田線内もワンマン運転となることになったため、この表示はたった1年で見られなくなってしまうことになりました。
2021年3月13日から翌年3月11日までの
ワンマン 成田行き(佐原までワンマン) 時刻表
鹿島神宮②8:12(3528M)9:10②成田
レア度:★★☆☆☆
(E131系の普通成田行きは2021年~22年だけの設定)

☑成田行き 関連記事

↓鉄道コムにはこちらからお戻りください↓ 鉄道コム

☑あなたにオススメの記事

2022年1月30日日曜日

鹿島・成田線 佐原までワンマン 成田行き E131系(2022.3廃止)

【ダイヤ改正で地味に廃止!】佐原までワンマンのE131系成田行き
【ダイヤ改正で廃止!】佐原までワンマンのE131系成田行き
鹿島線鹿島神宮駅2番線で発車を待つE131系R09編成によるワンマン成田行きです。

鹿島線では、鹿島神宮駅始発で毎日朝1本だけ成田線直通の成田行きが設定されており、2021年3月13日のダイヤ改正から、E131系が充当されています。

2021年3月のダイヤ改正時点では、ワンマン区間は佐原~鹿島神宮間だけであり、成田線内の成田~佐原間はツーマン運転であったため、E131系が導入されている他線では見られない普通表示や佐原までワンマン表示が見られるのが特徴でした。

鹿島・成田線 佐原までワンマン 成田行き E131系(2022.3廃止)
E131系によるワンマン 成田行き始発駅表示です。
鹿島・成田線 ワンマン 成田行き E131系
到着後すぐにワンマン成田行き表示の日本語、英語表示に変わります。
鹿島・成田線 ワンマン 成田行き E131系
更に、ワンマン成田佐原方面と表示します。
成田・鹿島線 普通 鹿島神宮行き E131系(2022.3廃止)
更に、佐原までワンマン表示に切り替わります。
この表示、地味にレアです。
2021年3月12日のダイヤ改正以降、成田線内もワンマン運転となることになったため、これらの表示はたった1年で見られなくなってしまうことになりました。
2021年3月13日から翌年3月11日までの
ワンマン 成田行き(佐原までワンマン) 時刻表
鹿島神宮②8:12(3528M)9:10②成田
レア度:★★☆☆☆
(E131系の佐原までワンマン成田行きは2021年~22年だけの設定)

☑成田行き 関連記事
4 E131系(普通)

↓鉄道コムにはこちらからお戻りください↓ 鉄道コム

☑あなたにオススメの記事

2022年1月29日土曜日

特急湘南 品川行き E257系(2022.3廃止)

【3月廃止前にまさかの専用HM?】特急湘南 品川行き E257系
東海道本線藤沢駅1番線に進入する、E257系NA-05編成による特急湘南 品川行きです。

特急湘南 品川行き E257系(2022.3廃止)
E257系による特急湘南 品川行き側面表示です。

2021年3月ダイヤ改正で、それまでの湘南ライナーを置き換えることで誕生した平日限定特急の湘南号には、1本だけ品川止まりの設定が存在します。
特急湘南 品川行き E257系(2022.3廃止)
藤沢駅の特急湘南6号 品川行き案内です。
特急湘南 品川行き E257系(2022.3廃止)
藤沢駅の特急「湘南」両数・発車番線一覧(上り)です。

この品川止まりの湘南6号は、2022年3月ダイヤ改正で東京駅まで延長運転されることが発表されました。結果的に、品川止まりの湘南号は、1年限りの運行で見納めとなります。
2022年3月11日(金)までの特急湘南6号 時刻表
小田原 ⑪6:37(特急湘南6号) 7:47 品川
レア度:★☆☆☆☆
(特急湘南 品川行きは2021.3~2022.3だけ運行)

↓鉄道コムにはこちらからお戻りください↓ 鉄道コム

☑あなたにオススメの記事

2022年1月28日金曜日

八高線 拝島行き5 E231系3500番台(2022.3廃止)

【3月ダイヤ改正 ワンマン化で消滅!】八高線 拝島行き
八高線北八王子駅2番線に進入しようとするE231系3500番台ハエ46編成による拝島行きです。

八高線 拝島行き5 E231系3500番台(2022.3廃止)
E231系3500番台は6編成在籍し、2018年5月7日から八高・川越線で運用を開始しました。元々は中央・総武線で運用されていたE231系が元車となっています。

拝島行きは平日6本、土休日3本だけ設定のある行先で、撮影機会も少ないです。

この拝島行きを含む八高・川越線は2022年3月ダイヤ改正でワンマン化されるため、おそらく水戸線や東北本線黒磯~新白河のようにワンマン表示が加わることになり、この様な駅名単独表示はあと2ヶ月余りで消滅です。
2019年5月時点の八高線 拝島行き 土休日時刻表
八王子 ①7:33(763E) 7:49④ 拝島
八王子 ①8:15(863E) 8:26④ 拝島
八王子 ①17:32(1765E) 17:47④ 拝島
レア度:★☆☆☆☆
(八高線 拝島行きは1日3~6本だけの運行)

☑八高線 拝島行き 関連記事
1 205系3000番台
2 209系3000番台
3 209系3100番台
4 209系3500番台
5 E231系3000番台

↓鉄道コムにはこちらからお戻りください↓ 鉄道コム

☑あなたにオススメの記事

2022年1月27日木曜日

西武池袋線 F快急 飯能行き7 西武40050系(2022.3廃止)

【3月ダイヤ改正で消滅へ!】西武40050系のF快急 飯能行き
雪の残る西武池袋線中村橋駅付近を通過しようする40050系40156Fによる F 快急 飯能行きです。(2022年1月9日撮影)

西武池袋線では、副都心線・西武線直通の F 快急 飯能行きが日中に運行されています。 西武M運用は2021年3月ダイヤ改正時点で平日2本、土休日3本だけの設定となっています。

西武池袋線 F快急 飯能行き7 西武40050系(2022.3廃止)
40050系による F 快急 飯能行き側面表示です。

40050系も6000系に交じって時々 F 快急 飯能行きに充当しますが、その機会は少ないです。

2022年3月12日(土)のダイヤ改正で、飯能発着のFライナーは土休日午前発着の列車のみとなることが2021年12月17日(金)に発表されました。現ダイヤで、飯能に土休日午前中に到着する F 快急 飯能行きは、たったの2本で、共に東急K運用です。

今後、東京メトロ車両、西武車両による F 快急 飯能行きを見る機会はなさそうです。
2022年3月11日(金)までのM運用 F快急 飯能行き 土休日時刻表
元町・中華街 11:48(F特急~F急行
~F快急12M)
13:25 飯能
元町・中華街 13:48(F特急~F急行
~F快急32M)
15:27 飯能
元町・中華街 15:48(F特急~F急行
~F快急14M)
17:25 飯能
レア度:★★☆☆☆
(40050系によるF快急 飯能行きは2022年3月で運行終了見込)


↓鉄道コムにはこちらからお戻りください↓ 鉄道コム

☑あなたにオススメの記事

2022年1月26日水曜日

西武池袋線 F快急 飯能行き6 西武6000系(2022.3廃止)

【3月ダイヤ改正で消滅へ!】西武6000系のF快急 飯能行き
西武池袋線練馬高野台駅付近を通過しようする6000系6108Fによる F 快急 飯能行きです。

西武池袋線では、副都心線・西武線直通の F 快急 飯能行きが日中に運行されています。 西武M運用は2021年3月ダイヤ改正時点で平日2本、土休日3本だけの設定となっています。

西武池袋線 F快急 飯能行き6 西武6000系(2022.3廃止)
6000系による F 快急 飯能行き側面表示です。

2016年3月26日(土)のダイヤ改正以降、元町中華街始発で東急東横線内特急、副都心線内急行、西武線内快急の列車については、Fライナーを名乗ることとなり、それぞれの種別の前に F  マークを付けて運行されるようになりました。

2022年3月12日(土)のダイヤ改正で、飯能発着のFライナーは土休日午前発着の列車のみとなることが2021年12月17日(金)に発表されました。現ダイヤで、飯能に土休日午前中に到着する F 快急 飯能行きは、たったの2本で、共に東急K運用です。

今後、東京メトロ車両、西武車両による F 快急 飯能行きを見る機会はなさそうです。
2022年3月11日(金)までのM運用 F快急 飯能行き 土休日時刻表
元町・中華街 11:48(F特急~F急行
~F快急12M)
13:25 飯能
元町・中華街 13:48(F特急~F急行
~F快急32M)
15:27 飯能
元町・中華街 15:48(F特急~F急行
~F快急14M)
17:25 飯能
レア度:★☆☆☆☆
(西武M運用によるF快急 飯能行きは2022年3月で運行終了見込)


↓鉄道コムにはこちらからお戻りください↓ 鉄道コム

☑あなたにオススメの記事

2022年1月25日火曜日

西武池袋線 F快急 飯能行き5 東急5050系

【3月ダイヤ改正で廃止逃れる】東急5050系F快急 飯能行き
西武池袋線中村橋駅付近を通過しようする5050系4106Fによる F 快急 飯能行きです。

西武池袋線では、副都心線・西武線直通の F 快急 飯能行きが日中に運行されています。 

西武池袋線 F快急 飯能行き5 東急5050系
2016年3月26日(土)のダイヤ改正以降、元町中華街始発で東急東横線内特急、副都心線内急行、西武線内快急の列車については、Fライナーを名乗ることとなり、それぞれの種別の前に F  マークを付けて運行されるようになりました。

2022年3月12日(土)のダイヤ改正で、飯能発着のFライナーは土休日午前発着の列車のみとなることが2021年12月17日(金)に発表されました。現ダイヤで、飯能に土休日午前中に到着する F 快急 飯能行きは、たったの2本で、共に東急K運用です。

東急5050系のF特急 飯能行きは、首の皮一枚残りそうです。
2022年3月11日(金)までのK運用 F快急 飯能行き 土休日午前時刻表
元町・中華街 7:48(F特急~F急行
~F快急54K)
9:25 飯能
元町・中華街 9:48(F特急~F急行
~F快急51K)
11:24 飯能
レア度:★☆☆☆☆
(東急K運用によるF快急 飯能行きは2022年以降も運行見込み)

☑西武池袋線 F快急 飯能行き 関連記事

↓鉄道コムにはこちらからお戻りください↓ 鉄道コム

☑あなたにオススメの記事

2022年1月24日月曜日

総武快速線 通勤快速 大船行き E217系(2022.3廃止)

【3月ダイヤ改正 28年で廃止!】総武快速線 通勤快速 大船行き
E217系による通勤快速 大船行きの側面表示です。

総武快速線 通勤快速 大船行き E217系(2022.3廃止)
総武快速線船橋駅に到着するE217系Y-146+Y-2による通勤快速 大船行き2684Fです。正面では運用番号が2684Fであること以外、通勤快速であることがよくわかりません。

1994年12月3日のダイヤ改正以降、約28年間運行されていた総武快速線の平日早朝に2本だけ設定されている通勤快速が、2022年3月12日のダイヤ改正で快速格下げとなり、設定廃止されることになりました。

通勤快速区間は成田→錦糸町のみで、東京→逗子は普通列車となるため錦糸町以南で通勤快速表示を見ることはできません。

なお、平日夜の東京始発成田行き通勤快速の設定はダイヤ改正以降も残るようです。
(2022.1.29修正 なお、平日夜の東京始発成田行き通勤快速の設定もダイヤ改正で廃止されるようです。)
2022年3月11日までの総武線 通勤快速 大船行き平日時刻表
成田 6:45(5684F~2684F
~685S)
8:45 大船
レア度:★☆☆☆☆
(通勤快速 大船行きは平日早朝1本のみの設定で2022年3月廃止)

↓鉄道コムにはこちらからお戻りください↓ 鉄道コム

☑あなたにオススメの記事

2022年1月23日日曜日

横須賀線 普通 逗子行き2 E233系(3835M)

【3月ダイヤ改正で存続は!?】3835M逗子行き
横須賀線大船駅7番線で発車を待つE233系E-62+E231系U526による普通 逗子行きです。
以前より、平日早朝に1本限定で、横須賀線車両E217系やE235系ではなく、東海道線のE231系やE233系が充当される3835Mの大船始発逗子行きという設定があります。
この列車に限り、正面、側面に普通 逗子と表示されるのが大きな特徴です。
横須賀線 普通 逗子行き2 E233系(3835M)
E233系による普通 逗子行き側面表示です。逗子が白文字になっているのが大きな特徴で、湘南新宿ラインの逗子行きでは普通 逗子と表示されます。

この列車はいつ回送扱いになってもおかしくないため、早めの撮影をお勧めします。
2022年3月11日(金)までの横須賀線 普通 逗子行き 平日時刻表
大船 ⑦7:26(3835M) 7:38 逗子
レア度:★★☆☆☆
(E233系が前面側面に白文字で逗子と表示するのは当列車のみ)

↓鉄道コムにはこちらからお戻りください↓ 鉄道コム

☑横須賀線 逗子行き 関連記事

☑あなたにオススメの記事