ad

2021年7月21日水曜日

【異例】なぜ西武40050系は各駅停車 新宿三丁目行きを代走したのか

【異例】なぜ西武40050系は各駅停車 新宿三丁目行きを代走したのか
東京メトロ副都心線渋谷駅6番線で発車を待つ西武40050系40152Fによる各駅停車 新宿三丁目行きです。(2021年6月30日(水)撮影)

東急東横線 東京メトロ副都心線直通 通勤特急 新宿三丁目行き6 西武40050系
西武40050系による各駅停車 新宿三丁目行き側面表示です。

2013年3月16日の副都心線~東急東横線の直通運転開始以後、東急東横線の上り方面で 新宿三丁目行きが設定されています。運行本数や運用番号はダイヤ改正ごとに変更がありますが、2021年7月時点では、夜間平日に17T、21S、60K、52K、17Tの5本設定されています。

渋谷から新宿三丁目までは各駅停車 新宿三丁目行きとして運行されます。

この様に、西武車両による運用は設定されていないのですが、2021年6月30日(水)夜間、52K運用は和光市で車両交換し、和光市21時15分発の通勤急行 元町・中華街行きから西武40050系40152Fによる代走での運行となりました。

何故突如として52Kを西武40050系が代走したのかというと、この日の早朝、西武池袋線武蔵藤沢~稲荷山公園で線路点検作業が発生したため、西武線からの直通車に遅れと行先変更が複数発生したことに由来します。

この日、西武38M運用は東急5050系4102Fが代走し、午前中に運用を終え元住吉に入庫していました。通常、西武38M運用は翌日02M運用に充当するので、そのままでは02Mを東急5050系4102Fが代走しなくてはなりません。02Mは午前中に有楽町線内運用に就き、新木場に入庫する運用なので、あまり望ましくありません。
そこで、51Sの代走をしており、一旦和光市に入庫していた西武40050系40152Fを52Kとして最終的に元住吉に送り込むことで、翌日代走がないようにしたのです。
平成25年3月16日(土)以降の平日時刻表
元町・中華街22:29(通勤特急~
各駅停車52K)
23:14④新宿三丁目
レア度:★★★★☆
(西武40050系の各駅停車 新宿三丁目行き定期運用はない)

☑副都心線 各駅停車 新宿三丁目行き 関連記事
1 東武50070系

↓鉄道コムにはこちらからお戻りください↓ 鉄道コム 
  ☑あなたにオススメの記事 京成電鉄の始発は上野駅で、京浜急行電鉄の品川駅は途中駅、京王電鉄の始発は新宿駅ですが、東急電鉄・東武鉄道・東京メトロ・ 西武鉄道の5社直通運転の衝撃は忘れられない。小田急電鉄 東京 KATO 新幹線 スタンプ ヘッドマーク 鉄道模型

0 件のコメント:

コメントを投稿