ad

2018年4月17日火曜日

【消滅!Semi Exp表示】小田急電鉄 準急 本厚木行き4000形

小田急電鉄 準急 本厚木行き4 4000形(Semi Exp表示)
【消滅!Semi Exp表示】小田急電鉄 準急 本厚木行き4000形
小田急電鉄小田原線千歳船橋駅付近を走行する
準急 本厚木行き4000形4063Fです。(2017年11月7日(火)撮影)

小田急電鉄 準急 本厚木行き4 4000形(Semi Exp表示)
小田急線では、1978年(昭和53年)3月31日に千代田線との直通運転を開始して以来、伝統的に小田急小田原線の本厚木駅から千代田線までの直通運転を実施しており、その直通列車の種別としては、準急が宛がわれています。
2002年3月23日の多摩急行運転開始に伴い、千代田線直通列車の運転形態は多摩急行がメインとなり、本厚木~代々木上原~千代田線を結ぶ準急は朝晩に数本運転されるだけとなり、車両運用は小田急車両に限定されるようになりました。
小田急電鉄 準急 本厚木行き4 4000形(Semi Exp表示)
それから14年以上経過して、小田急電鉄、東京メトロ千代田線、JR常磐緩行線では、2016年3月26日(土)のダイヤ改正以降、3社相互乗り入れを開始するとともに、日中時間帯の20分おきの小田急線内急行運転が開始されるなど、話題に事欠かないダイヤ改正となりました。

4000形の準急 本厚木行きは平日、土休日共に運行されていましたが、2018年3月17日のダイヤ改正に伴い、英語表示がSemi Expressに変更となったため、このSemi Exp表示は消滅しています。
2018年3月17日までのE運用準急 本厚木行き 平日時刻表(例)
我孫子7:07(各停~準急55E)9:40本厚木
レア度:★☆☆☆☆
(E運用による準急 本厚木行きは平日2本だけ)

☑小田急電鉄 準急 本厚木行き 関連記事
1 東京メトロ6000系
2 東京メトロ16000系
3 E233系2000番台(Semi Exp表示)
4 4000形(Semi Exp表示)
鉄道コム
京成電鉄の始発は上野駅で、京浜急行電鉄の品川駅は途中駅、京王電鉄の始発は新宿駅ですが、東急電鉄・東武鉄道・東京メトロ・
西武鉄道の5社直通運転の衝撃は忘れられない。小田急電鉄の巻き返しは如何に?


☑あなたにオススメの記事


0 件のコメント:

コメントを投稿