ad

2016年3月12日土曜日

東急東横線 副都心線・西武池袋線直通 特急 飯能行き4 西武6000系(2016.3ほぼ消滅)

東急東横線 特急 川越市行き 9000系
東急東横線大倉山駅を通過しようする
西武6000系6117Fによる特急 飯能行きです。
東急東横線では、副都心線・東武東上線直通の特急 飯能行きが平日8本、土休日9本、日中に運行されています。
平日8本のうち、東京メトロS運用は61S、67S、77Sの3本、東急K運用は53K、54Kの2本、西武M運用は14M、26M、36Mの3本設定されており、土休日9本のうち、東京メトロS運用は43Sの1本、東急K運用は51K、52K×2、56Kの4本、西武M運用は02M、08M、14M、32Mの4本設定されています。

東急東横線 特急 川越市行き 9000系
この列車のほとんどが、副都心線内急行として運行されており、東横線~副都心線~西武池袋線の最速列車となっています。

渋谷池袋方面6000系行先
東武9000系の場合、東急5050系と同様で特急 飯能LTD.EXP. HANNO渋谷・池袋方面の3種類の表示が交互表示となっています。

2016年3月26日(土)のダイヤ改正以降、上記列車のうち、更に西武池袋線内を快速急行列車として運転する最速列車に限り、愛称「 F ライナー」を付けた案内を開始することを2015年12月18日にプレス発表しました。

そのため、このような単なる特急 飯能表示は、消滅することが濃厚です。
平成28年3月25日までのM運用 特急 飯能行き 平日時刻表
元町・中華街 12:49(特急~急行~快速急行36M) 14:27 飯能
元町・中華街 14:49(特急~急行~快速急行26M) 16:26 飯能
元町・中華街 16:19(特急~急行~快速14M) 18:08 飯能

平成28年3月25日までのM運用 特急 飯能行き 土休日時刻表
元町・中華街 10:49(特急~急行~快速急行02M) 12:27 飯能
元町・中華街 11:49(特急~急行~快速急行14M) 13:27 飯能
元町・中華街 13:49(特急~急行~快速急行32M) 15:27 飯能
元町・中華街 15:49(特急~急行~快速急行08M) 17:26 飯能
レア度:☆☆☆☆☆
(西武M運用による特急 飯能行きは頻繁運行)

東京急行電鉄東横線 特急 飯能行き 関連記事
1 東急5050系
2 東京メトロ7000系
3 東京メトロ10000系
4 西武6000系
鉄道コム
京成電鉄の始発は上野駅で、京浜急行電鉄の品川駅は途中駅、京王電鉄の始発は新宿駅ですが、東急電鉄・東武鉄道・東京メトロ・
西武鉄道の5社直通運転の衝撃は忘れられない。小田急電鉄の巻き返しは如何に?

0 件のコメント:

コメントを投稿