ad

2014年5月31日土曜日

特急 スーパーはくと7号 倉吉行き 智頭急行HOT7000系

特急 スーパーはくと7号 倉吉行き 智頭急行HOT7000系
東海道本線新大阪駅7番線に進入する智頭急行HOT7000系 5両編成によるスーパーはくと7号倉吉行きです。

特急 スーパーはくと7号 倉吉行き 智頭急行HOT7000系特急 スーパーはくと7号 倉吉行き 智頭急行HOT7000系
京都駅6番線に停車中スーパーはくと9号倉吉行きです。
車両は智頭急行HOT7000系による5両編成です。

特急 スーパーはくと7号 倉吉行き 智頭急行HOT7000系スーパーはくとは、智頭急行智頭線が開業した1994年12月に特急列車として運転を開始しました。

通常は5両で運転されますが、多客期は6両または7両で運転されます。

特急 スーパーはくと7号 倉吉行き 智頭急行HOT7000系特急 スーパーはくと7号 倉吉行き 智頭急行HOT7000系

平成26年5月時点の平日時刻表
京都 ⑦12:52(スーパーはくと7号 52D) 16:23 倉吉
レア度:☆☆☆☆☆
(毎日運転)

2014年5月30日金曜日

青梅ライナー券(普通席) 完全常備軟券6 青梅駅(消費税8%)

青梅ライナー券(普通席) 完全常備軟券 青梅駅

青梅線青梅駅発行の青梅ライナーの普通席ライナー券です。
料金は510円です、地紋は、橙色で「JR E」です。

青梅→6時17分発
7号車14番A席と、座席まで完全に印刷された完全常備軟券指定券は全国でこの青梅ライナー券だけではないでしょうか。
日付はゴム印でスタンプしてあります。

青梅駅でも手売りの常備券は現存しておりますが、普通席の7号車の一部、たった10枚だけの販売となっています。

青梅駅に平日早朝6時に滞在しているということは大変困難なミッションであり、この完全常備軟券を手にすることは極めて困難です。

平成26年3月15日からの平日時刻表
青梅①6:17(青梅ライナー) 7:33① 東京
レア度:★★★☆☆
(指定席まで印刷されている完全常備指定券は青梅線でのみ購入可能)

参考
青梅ライナー券(普通席)(グリーン席) 完全常備軟券1 青梅駅
青梅ライナー券(普通席)(グリーン席) 完全常備軟券2 河辺駅
青梅ライナー券(普通席)(グリーン席) 完全常備軟券3 拝島駅
青梅ライナー券(普通席) 完全常備軟券4 拝島駅(消費税8%)
青梅ライナー券(普通席) 完全常備軟券5 河辺駅(消費税8%)
青梅ライナー券(普通席) 完全常備軟券6 青梅駅(消費税8%)

2014年5月29日木曜日

青梅ライナー券(普通席) 完全常備軟券5 河辺駅(消費税8%)

青梅ライナー券(普通席) 完全常備軟券 河辺駅

青梅線河辺駅発行の青梅ライナーの普通席ライナー券です。

河辺駅でも手売りの常備券は現存しており、普通席の6号車の一部が割り当てられています。2014年4月1日以降、消費税8%増税後の料金は510円です。

平成26年3月15日からの平日時刻表
青梅①6:17(青梅ライナー)7:33①東京
レア度:★★★☆☆
(指定席まで印刷されている完全常備指定券は青梅線でのみ購入可能)

参考
青梅ライナー券(普通席)(グリーン席) 完全常備軟券1 青梅駅
青梅ライナー券(普通席)(グリーン席) 完全常備軟券2 河辺駅
青梅ライナー券(普通席)(グリーン席) 完全常備軟券3 拝島駅
青梅ライナー券(普通席) 完全常備軟券4 拝島駅(消費税8%)
青梅ライナー券(普通席) 完全常備軟券5 河辺駅(消費税8%)
青梅ライナー券(普通席) 完全常備軟券6 青梅駅(消費税8%)

2014年5月28日水曜日

青梅ライナー券(普通席) 完全常備軟券4 拝島駅(消費税8%)

青梅ライナー券(普通席) 完全常備軟券 拝島駅
青梅線拝島駅発行の青梅ライナーの普通席ライナー券です。

ライナー券携帯電話予約サービスでのチケットレスの導入に伴い、2014年3月14日をもって青梅ライナーのグリーン席の常備券は設備廃止になりましたが、一部の手売り販売は残り、2014年4月1日以降の消費税8%増税後はこのような料金510円のライナー券が新たに販売されています。

拝島駅の手売りの常備券は、普通席の11号車の一部が割り当てられています。

平成24年3月16日までの平日時刻表は以下の通りで、6分前に青梅駅を発車した快速すら追い抜きしない超ノロノロ運転でした。
青梅②6:10(快速658T) 7:36② 東京
青梅①6:16(青梅ライナー) 7:41① 東京
平成24年3月17日からのダイヤ改正で、上り「青梅ライナー」の到達時間は短縮され、新宿・東京駅到着が共に8分短縮されました。

平成26年3月15日からの平日時刻表
青梅①6:17(青梅ライナー)7:33①東京
レア度:★☆☆☆☆
(指定席まで印刷されている完全常備指定券は青梅線でのみ購入可能)

(2015年12月4日追記)
2015年12月1日より、コンコースでの発売となりました。

参考
青梅ライナー券(普通席)(グリーン席) 完全常備軟券1 青梅駅
青梅ライナー券(普通席)(グリーン席) 完全常備軟券2 河辺駅
青梅ライナー券(普通席)(グリーン席) 完全常備軟券3 拝島駅
青梅ライナー券(普通席) 完全常備軟券4 拝島駅(消費税8%)
青梅ライナー券(普通席) 完全常備軟券5 河辺駅(消費税8%)
青梅ライナー券(普通席) 完全常備軟券6 青梅駅(消費税8%)

2014年5月27日火曜日

東急田園都市線 半蔵門線直通 準急 清澄白河行き4 東武50050系(H26.6ダイヤ改正で残存)

東京メトロ半蔵門線 田園都市線 準急 清澄白河行き 東武50050系
東急田園都市線青葉台駅2番線に進入する東武50050系51062F10両編成による準急清澄白河行きです。

準急 清澄白河行き 東武50050系平成26年3月15日(土)のダイヤ改正以降、準急清澄白河行きは7本運行されており、そのうち1本だけ東武T運用となっています。

平成26年6月21日(土)に半蔵門線ではダイヤ改正が行われ、朝ラッシュ時間帯の清澄白河~押上駅間の利便性向上を図るため、9時台~10時台にかけて清澄白河行き3本を押上行きに延長することになりましたが、この9時台~10時台の清澄白河行きは全て各停のため、準急清澄白河行きの本数は変わらない模様です。

東武車両が東武線内を全く走行しない運用に就くところに面白みがあります。

どうやら、田園都市線も6月21日(土)にダイヤ改正を行い、目玉は「ひる準」の設定のようですので、今後、準急中央林間行きが新たに設定されます。
なお、準急中央林間行きはこれまでも東武伊勢崎線内では全ての車種で運行されています。
平成26年3月15日(土)から6月20日(金)までの
東武車 準急 清澄白河行き平日時刻表
長津田 ⑤8:12(準急862T) 9:18② 清澄白河
レア度:★★★☆☆
(東武車の準急 清澄白河行きは平日1本しか運行されない)

東急田園都市線 半蔵門線直通 準急 清澄白河行き 関連記事
1 5000系
2 8500系
3 8590系
4 東武50050系

2014年5月26日月曜日

東急田園都市線 半蔵門線直通 準急 清澄白河行き3 8590系(H26.6ダイヤ改正で残存)

東京メトロ半蔵門線 田園都市線 準急 清澄白河行き 8590系
東急田園都市線青葉台駅2番線に進入する東急8560系8626F10両編成による準急清澄白河行きです。

準急 清澄白河行き 8590系平成26年3月15日(土)のダイヤ改正以降、準急清澄白河行きは7本運行されており、そのうち4本は押上以北の東武伊勢崎線に乗り入れ不可能な、いわゆるサークルK運用となっています。
そのため、このような8560系による準急清澄白河行きは比較的頻繁に見られるということです。

平成26年6月21日(土)に半蔵門線ではダイヤ改正が行われ、朝ラッシュ時間帯の清澄白河~押上駅間の利便性向上を図るため、9時台~10時台にかけて清澄白河行き3本を押上行きに延長することになりましたが、この9時台~10時台の清澄白河行きは全て各停のため、準急清澄白河行きの本数は変わらない模様です。
平成26年3月15日(土)から6月20日(金)までの
準急清澄白河行き平日時刻表
中央林間 7:12(準急728K) 8:26② 清澄白河
長津田 ⑤7:28(準急731K) 8:35② 清澄白河
長津田 ⑤7:45(準急740K) 8:52② 清澄白河
長津田 ⑤7:54(準急841K) 9:01② 清澄白河
長津田 ⑤8:03(準急743K) 9:09② 清澄白河
長津田 ⑤8:12(準急862T) 9:18② 清澄白河
長津田 ⑤8:14(準急836K) 9:27② 清澄白河
レア度:★★☆☆☆
(サークルK運用の準急 清澄白河行きは平日4本しか運行されない)

東急田園都市線 半蔵門線直通 準急 清澄白河行き 関連記事
1 5000系
2 8500系
3 8590系

2014年5月25日日曜日

西武狭山線 各停 西所沢行き2 20000系(ウーマノミクス・トレイン)

西武狭山線 各停 西所沢行き1 20000系(ウーマノミクス・トレイン)
西武狭山線西武球場前駅2番線に到着する、
20000系20151F 8両編成の各停 西所沢行きです。

各停 西所沢行き1 20000系(ウーマノミクス・トレイン)行先2014年5月24日(土)、「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」への協力として、ウーマノミクスプロジェクトのラッピングを施した「ウーマノミクス・トレイン」の臨時運転が本川越10時52分発、所沢経由で西武球場前11時30分到着の行程で行われました。

各停 西武球場前行きとして西武球場前駅に到着したウーマノミクス・トレインは、各停 西所沢行きとして運用されました。

「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」とは、埼玉県が、女性がいきいきと夢を持って活躍することができるよう社会進出を進め、女性が得た収入を消費や投資に使い、地域経済の活性化につながるよう、2012年度より展開しているプロジェクトで、同プロジェクトが始動して3年目となる今年度、埼玉県では西武グループをはじめとした民間企業と連携し、「女性がいきいきと輝くためにアタックNo.1~仕事も趣味も私らしく~」と題してウーマノミクス推進キャンペーンを実施しています。
西武狭山線 各停 西所沢行き1 20000系(ウーマノミクス・トレイン)
本川越から西武球場前までの臨時列車は女性運転手と車掌により運行され、西武球場前駅到着後、2人に花束贈呈が行われたうえ、埼玉西武ライオンズのマスコットであるレオとその妹ライナと一緒に記念撮影会が行われていました。
西武狭山線 各停 西所沢行き1 20000系(ウーマノミクス・トレイン)
更に女性スタッフも交えて記念撮影が行われていました。
西武狭山線 各停 西所沢行き1 20000系(ウーマノミクス・トレイン)
このラッピングは11月下旬までの約半年間行われます。

なお、この20000系20151Fはこの各停 西所沢行き6138レから定期運用のスジにのり、西武球場前行き6137レ、そして5356レで池袋に向かっていきました。
平成26年5月24日(土)の臨時時刻表
西武球場前 ②11:48(各停6138レ) 11:54② 西所沢
レア度:★★☆☆☆
(20000系ウーマノミクス・トレインの各停 西所沢は稀)

☑西武狭山線 各停 西所沢行き 関連記事
1 新101系
2 20000系(ウーマノミクス・トレイン)
4 30000系
3 東京メトロ10000系
5 東京メトロ7000系
6 東急5050系4110F(Hikarie号)
7 東急5050系
鉄道コム

☑オススメの記事


2014年5月24日土曜日

西武池袋線 各停 吾野行き 4000系(5月・11月平日臨時列車)

西武池袋線 各停 高麗行き 4000系側面表示西武池袋線の飯能~吾野間では、ここ数年、5月と10月の行楽シーズンの平日に限り、飯能発9時48分発の各停吾野行き臨時列車が運行されます。

このたび、この各停吾野行きを撮影してきました。
西武池袋線 各停 吾野行き 4000系
飯能駅のホーム時刻表掲示板には、このように9時3分の各停西武秩父行きと、9時48分発の各停吾野行きの運行が案内されています。
9時3分の各停西武秩父行きは、池袋から直通の準急西武秩父行きです。
西武池袋線 各停 吾野行き 4000系
飯能駅2・3番線ホームには、9時48分発の各停吾野行きが、8両2ドアで案内されています。
西武池袋線 各停 吾野行き 4000系
しかし、最初に2・3番線ホームに到着する列車は4000系4両編成の西武秩父始発の定期5020レ各停飯能行きです。

西武池袋線 各停 吾野行き 4000系
2・3番線ホーム奥に停車し、吾野行きの表示に切り替わります。
西武池袋線 各停 吾野行き 4000系
続いて、吾野方面から4000系4015F 4両編成の回送列車が2・3番線ホームにやってきます。
西武池袋線 各停 吾野行き 4000系
そして先に到着している4両編成と連結し、8両編成となりました。
西武池袋線 各停 吾野行き 4000系
9時3分の各停西武秩父行きと、9時48分発の各停吾野行きは、入間市など、埼玉県内の小学生の遠足に利用されるようです。車内は小学生のおしゃべりで大騒ぎでした。
西武鉄道ホームページの乗り換え案内ではこの列車は表示されますので、列車の存在は確認できますが、プレス発表や臨時列車案内には表示されず、地元小学生のための列車ということです。
西武池袋線 各停 吾野行き 4000系
西武池袋線飯能駅2・3番線ホームを発車する4000系4003F+4015F 8両編成の各停吾野行きです。

定期の吾野行きは飯能駅23時45分発の終電しかないため、日中の吾野行きを撮影できるチャンスは5月と10月の行楽シーズンの平日早朝だけです。
平成26年5月7日~30日の平日時刻表
飯能 ②③9:48(臨時各停) 10:11② 吾野
レア度:★★☆☆☆
(日中の吾野行きは毎年5月、10月平日だけの運行)

関連記事
西武池袋線 各停 高麗行き1 3000系999(曼珠沙華臨時列車)
西武池袋線 各停 高麗行き2 30000系(曼珠沙華臨時列車)
西武池袋線 各停 高麗行き3 4000系(曼珠沙華臨時列車)

2014年5月23日金曜日

東急田園都市線 半蔵門線直通 急行 清澄白河行き6 8590系(H26.6ダイヤ改正で激減)

東京メトロ半蔵門線 田園都市線 急行 清澄白河行き 8590系
東急田園都市線溝の口駅4番線に進入する東急8590系8695Fによる
急行清澄白河行きです。

東京メトロ半蔵門線 田園都市線 急行 清澄白河行き 8590系現在、平日早朝夜間にだけ、急行清澄白河行きが運行されます。土日は運行されません。

特に夕方の渋谷方面行き急行は全て清澄白河行きとなっています。

しかし、平成26年6月21日(土)に半蔵門線ではダイヤ改正が行われ、16時台~22時台にかけて清澄白河行き30本が押上行きに変更することなり、清澄白河~押上駅間が30往復増発となりました。これにより、清澄白河発着の列車がすべて、押上発着となり、夕方の清澄白河行きは絶滅してしまいました。
平成26年6月20日までの平日時刻表(例)
中央林間 5:56(急行~各停37K) 6:58② 清澄白河
レア度:★★★☆☆
(平日夕方の急行 清澄白河行きはH26.6ダイヤ改正以降絶滅)

東急田園都市線 半蔵門線直通 急行 清澄白河行き 関連記事
1 東京メトロ8000系
2 東京メトロ08系
3 東武50050系
4 東急5000系
5 東急8500系
6 東急8590系

2014年5月22日木曜日

東京メトロ副都心線 西武線直通 急行 西武球場前行き4 5050系4101F・4110F(西武ドーム臨)

東京メトロ副都心線 西武線直通 急行 西武球場前行き 5050系(西武ドーム臨)
東京メトロ副都心線明治神宮前駅4番線に停車中の
東急5050系4101F急行西武球場前行きです。

東京メトロ副都心線 西武線直通 急行 西武球場前行き 5050系(西武ドーム臨)平成25年3月16日のダイヤ改正以降、東武東上線・西武池袋線と副都心線経由で東急東横線との相互直通運転が開始され、土休日のデーゲーム開催日には、元町・中華街駅発西武球場前駅行きの臨時列車がお昼に2本設定されています。元町・中華街11時19分発の2本目の列車は東急車による52K運用となっています。
副都心線の急行は土休日に限り明治神宮前駅に停車し、列車種別の色はオレンジ色となっています。なお、平日の列車種別の色は赤色です。
東京メトロ副都心線 西武線直通 急行 西武球場前行き 5050系(西武ドーム臨)
東京メトロ副都心線池袋駅6番線を発車した
東急5050系4110F Hikarie号急行西武球場前行きです。
東京メトロ副都心線 西武線直通 急行 西武球場前行き 5050系(西武ドーム臨)東急車による運用ということで、時折この52K運用に5050系4110F Hikarie号が充当されます。

4110F Hikarie号は1編成しか在籍していないため、この急行西武球場前行きに充当するチャンスはたいへん少ないです。
平成25年3月16日以降の西武ドーム デーゲーム開催時臨時時刻表
元町・
中華街
10:19(特急~急行~快速43S) 11:56① 西武球場前
元町・
中華街
11:19(特急~急行~快速52K) 12:56① 西武球場前
レア度:★★★☆☆
(西武ドーム昼のイベント時のみ運行)

東京メトロ副都心線 西武線直通 急行 西武球場前行き 関連記事
1 東京メトロ10000系
2 西武6000系
3 東京メトロ7000系
4 東急5050系4101F・4110F